中2と小5の兄妹が営利誘拐

1984年04月06日 (昭59)
大阪府
 大阪府大阪市住之江区の男の子(3)が誘拐され、翌日に中学2年生(13)と小学5年生女子(10)の兄妹が捕まった。2人は1週間前から誘拐を計画、この日に妹が男の子の家の電話番号を聞き出してから公園へ連れ出し、兄が「子供を預かっている。30万円持ってこい」という脅迫電話を2度掛けたが怖くなって断念、犯行を隠すため妹は「白い車の2人組にさらわれた。1人は30~40歳、黒覆面でサングラスをしていた」と証言して警官百人の男の子探索に何喰わぬ顔で加わっていた。誘拐から4時間後に男の子は無事保護された。
 両親は3年前に離婚、長男と父親と4人暮らしだが、父親は半年前から病気で生活保護を受けていた。学校は欠席がちで、万引きなどを繰り返していた。「金が欲しかった」と自供。
出来事を検索する
検索するキーワード 表示結果
検索期間
日 ~
エリア
死者数
ジャンル指定